女性の社会貢献・魅力的な自分づくりを応援する それいゆ
トップページそれいゆについてそれいゆ入会方法についてそれいゆセミナーそれいゆインタビューそれいゆコラムメールマガジンそれいゆ書籍紹介リンク集お問い合わせ
navigation_kage
それいゆセミナー
丸の内それいゆ大学

考える力を養う〜問題を解く力ではなく、問題を発見する力〜

開催日: 第三期 
第一回講座:2020年4月19日(日) 
 → 延期 7月19日(日)
9:30〜13:30
会 場: 3×3 Lab Future
講 師: 内田 和成氏
早稲田大学ビジネススクール 教授
内田 和成氏

学校で習うのは「与えられた問題を解く力」ですが、社会に出てから大切なことは「自分が解くべき問題を発見する力」です。社会ではあなたが解くべき問題を誰も教えてくれません。自分で考えるしかないのです。そのために大事なことは、知識の量ではなく、知恵を出せるかどうかです。

本講座では普段の生活を題材にして、そこに潜む課題を発見することで,人生や仕事に役に立つものの見方・考え方を学びます。参加者は講義を聴くのではなく、自らの手足を動かして脳みそに汗をかき、考える力を学びます。

セミナー スケジュール
開催日 ◆第三期
第一回講座:2020年4月19日(日)延期 7月19日(日) 9:30〜13:30
『考える力を養う』 〜問題を解く力ではなく、問題を発見する力〜
会場 3×3 Lab Future
東京都千代田区大手町1−1−2 大手門タワー・JX ビル1階
http://www.33lab-future.jp/access.html
講師 内田 和成氏 早稲田大学ビジネススクール 教授
主催 それいゆ事務局
共催 エコッツェリア協会
特別協力 3×3 Lab Future
 
参加費 受講料:6,500円
※ランチ交流会は、ございません。
※第三期第一回から第五回の5講座一括支払いの場合は、
 通常は、6,500円×5講座=32,500円のところ
 第三期開講記念特別ご優待 25,000円
※完全予約制・開講前の事前振込が必要です。
※定員:30名
  お申し込みはこちらから
宛先:info@e-soleil.biz
※それいゆ事務局宛のメールに以下の内容を明記してお申込ください。
件名:それいゆ大学(7/19)受講申し込み と明記
本文:参加者氏名、ふりがな、年齢 (学年)、7/19または5講座一括申込かを明記
※申し込み受付次第、振込口座のご案内をお送りします。
お問い合わせ先 「それいゆ」事務局 担当:川辺・萩野
TEL:080-1381-4625 10時から17時(土日祝祭日はお休み)

◆第三期 プログラム内容

★第一回講座:『考える力を養う』〜問題を解く力ではなく、問題を発見する力〜
2020年4月19日(日)延期 7月19日(日) 9:30〜13:30 内田 和成氏

★第二回講座:『イノベーション:知の冒険に出よう!』
2020年5月31日(日) 9:30〜13:30 米倉 誠一郎氏

★第三回講座:『ホスピタリティマネジメントを学んで世界を変えよう!』
2020年6月21日(日) 9:30〜13:30 吉原 敬典氏

★第四回講座:『ビジネスチャンスの見つけ方』 ※企業訪問付き
2020年8月19日(水) 9:30〜13:30 白石 徳生氏

★第五回講座:『坐禅を体験し禅を哲学する』
2020年9月6日(日) 9:30〜13:30 土居 征夫氏

※丸の内それいゆ大学は、自分の頭で考えること、言葉を紡ぎ書くこと、大勢の前発表することを大切にしています。
中学生、高校生から社会人までが共に学び、成果発表することで、それぞれの目のつけどころ、価値観、表現力、アイディアを共有できるのはとても価値が高く、世代を超えて互いに高めあえる貴重な学び場です。

【講師:内田 和成氏 プロフィール】
内田 和成氏早稲田大学ビジネススクール 教授
東京大学工学部卒業、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。
日本航空を経て、1985年ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)入社。
同社のパートナー、シニア・ヴァイス・プレジデントを経て、2000 年から2004年までBCG 日本代表を務める。
2006年には「世界の有力コンサルタント25人」に選出された。
2006年より早稲田大学教授。
ビジネススクールで競争戦略論やリーダーシップ論を教える他、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行う。
著書に『仮説思考』『論点思考』『右脳思考』(以上、東洋経済新報社)、『ゲームチェンジャーの競争戦略』(編著)『異業種競争戦略』(以上、日本経済新聞出版社)、『スパークする思考』(KADOKAWA)、『プロの知的生産術』(PHP研究所)などがある。

スペシャルサポーター:小平 尚典氏 プロフィール
小平 尚典氏 1954年 福岡県北九州市小倉北区生まれ。
1975年 日本大学芸術学部写真学科卒業
1976年 渡英し社会派写真家としてデビュー。
1981年 新潮社FOCUS創刊にフォトジャーナリストとして参画。
1987年から2009年まで新潮社米国海外特派員として活動。
2009年から東京に戻り、メディアプロデューサーやグラフィカル・デモンストレーターとして現在に至る。

株式会社コヒラ・パーソンズ・プロジェクトCEO(1981~)
公益社団法人日本写真家協会会員(国際交流委員長)
米国海外特派員協会会員 (1987~)
米国未来研究所(IFTF)ポール・サフォ特別研究員に師事。
早稲田大学理工学術院非常勤講師(2011年~)
香港大学ジャーナリズムCNN学科客員講師(2011~13)
青山学院大学シンギュラリティ研究所メディアラボ代表(2018~)
著書(共著を含む)
『4/524』『This is Nomo』『TAHITI』(新潮社)『シリコンロード』『e-face』(ソフトバンクPB)『原爆の軌跡』
『アトランタの案山子アラバマのワニ』『彼はメンフィスで生まれた』(小学館)ほか。
1999年、写真集「4/524」で英国BBC放送「20世紀の報道写真家」として選出される。

スペシャルサポーター:井手 丙午氏 プロフィール
井手 丙午氏 1966年 静岡県清水市(現 静岡市清水区)生まれ
1985年 静岡県立清水東高校 卒業
1990年 一橋大学社会学部 卒業
1990年 東京海上火災保険株式会社(現 東京海上日動火災保険株式会社)入社
2018年 楽天損害保険株式会社 入社
<仕事>
損害保険会社において、自動車保険や火災保険等の商品開発や収益管理に従事。
伝統的な保険会社から、楽天グループの保険会社に転職し、新しい保険の在り方を模索中。
<好きな言葉>
"Stay Hungry, Stay Foolish."

スペシャルサポーター:藤田 紀久子氏 プロフィール
藤田 紀久子氏1964年 東京生まれ、東京育ち。
1983年 東京都立竹早高等学校卒業。
1987年 学習院大学文学部英米文学文学科卒業。
1987年 株式会社西友(当時)に入社。役員秘書室、国際業務本部を経て、インターコンチネンタルホテル&リゾーツに出向、国内外のホテル開業プロジェクトに携わる。
1996年 英国ブランド「ザ・ボディショップ」を日本で展開する株式会社イオンフォレストに社長秘書として入社。バリューズ推進室長、人事総務部長、コミュニケーション部長、トレーニング部長を務める。特に、英国の創業者の価値観(バリューズ)に基づく先駆的な環境、社会活動に10年ほど携わったことが転機となる。
2012年 イオン株式会社コーポレート・コミュニケーション部への出向。
2013年 コスメーム株式会社代表取締役社長に就任。創業期にあった日系企業初ラグジュアリー化粧品のセレクトショップ事業を展開。
2018年、イオン株式会社 コーポレート・コミュニケーション部長に就任(現職)。

一般社団法人日本秘書協会顧問
日本元気塾藤巻塾1期生
DNA伝承大学8期生
趣味は、ゴルフ、伝統芸能(歌舞伎、文楽など)の観賞、料理
パートナーと二人暮らし

総合プロデュース:石川 正子 プロフィール
石川 正子 博報堂 人事局勤務を経て、パソナグループ在籍中 2002年に40代働く女性の会員組織「それいゆ」プロジェクト発足。それまでの3つの新規ビジネスの立ち上げ経験と人脈を活かし、自らの夢の実現である働く女性の「学び」や「気づき」「出会い」を支援するセミナーの企画、運営に携わる。
2005年に独立。それいゆ 代表となり、現在に至る。

40代働く女性のコミュニティづくりのパイオニアとして、17年の実績(2019年現在)を持ち、ホスピタリティを重視した自主企画のセミナー&交流会の他に、出版社やメーカーなど企業とのコラボレーションによる女性向けのイベント企画運営や教育研修、サービス開発に携わっている。

2015年より、浜離宮恩賜庭園内の和室などで、小学生のための親子で学ぶそれいゆ寺子屋を展開。
2019年6月、中学生・高校生のための丸の内それいゆ大学を開校。学校でもない、塾でもない、第三の学び場を創造することにより、自分の頭で考え、表現をする楽しさを知り、自信をつけることを支援。子どもからおとなまで、人の輝きをつくる学び、気づき、出会いをプロデュース。
モットーは、“じっくり、丁寧に生きる”
趣味は、映画・コンサート・舞台鑑賞。ホスピタリティ豊かなホテルや旅館、レストラン探し。人を元気にするもの、励ます力をもっているものを大切にしており、自ら多くのチャンスを創り出した手帳と手紙の活用術を伝授することにも力を入れている。
ページトップへページトップへ セミナー報告ページへ第一回 セミナー報告ページへ第二回 セミナー報告ページへ第三回 セミナー報告ページへ第四回 セミナー報告ページへ第五回
copyright